医療法人 博文会

大谷 晴久 院長 医学博士/医師の紹介

プロフィール

昭和57年 和歌山県立医科大学卒業

和歌山県立医科大学にて研修後、済生会和歌山病院勤務などを経て、和歌山県立医科大学第三内科助手として勤務。アメリカ合衆国タフツ大学への2年間の留学から帰国後、和歌山県立医科大学第三内科講師に就任。平成16年に腎臓病治療の専門施設「和歌山KDクリニック」を立ち上げると共に、和歌山県の腎臓病診療発展のため各市町村医師会での講演会などの啓蒙活動にも力を入れる。平成21年11月に、紀泉KDクリニック院長代理に就任し、平成22年4月から同院院長となる。

又、若手医師育成のため現在も和歌山県立医科大学の講義を担当する。

【診察科目】 内科 腎臓内科
【担当施設】 紀泉KDクリニック
【略歴】

昭和57年 和歌山県立医科大学第3内科入局

平成6年 アメリカ合衆国タフツ大学留学(客員研究員)

平成8年 和歌山県立医科大学第3内科助手

平成11年 和歌山県立医科大学第3内科講師

平成16年 医療法人良秀会 和歌山KDクリニック院長

平成21年 医療法人博文会 紀泉KDクリニック院長代理就任

平成22年 医療法人博文会 紀泉KDクリニック院長就任

[学位] 医学博士
【主な認定資格・
所属学会】

日本内科学会認定内科医・近畿支部評議員

日本腎臓学会腎臓専門医・指導医・学術評議員

日本透析医学会専門医・指導医

Best Doctors®in Japan 2008-2009 選出

Best Doctors®in Japan 2010-2011 選出

ベストドクターズ ( Best Doctors ®) とは

「ベストドクターズ、(Best Doctors® )」は、Best Doctors, Inc(米国ベストドクターズ社: Boston)が名医として認定した称号です。
米国ベストドクターズ社は、十年以上に渡り、世界中で医療における最先端の情報を提供しています。米国ベストドクターズ社の名医選出方法はとてもシンプルです。膨大な数の医師に対して、「もし、あなたやあなたのご家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、どの医師に治療をお願いしますか?」とアンケートします。その中で治療能力、研究成果、最新医療情報への精通度などを考慮した上で、ある一定以上の評価を得た医師(それぞれの国での医師全体の上位1〜5%程度)を名医(Best Doctors)と認定します。
現在までで全世界で延べ100万人にこの質問を繰り返し、40以上の専門分野、400以上の副専門分野から、米国では約30,000名、世界中では50,000名以上の医師が認定されています。日本では約3,000名の医師がBest Doctors in Japan ®(TM) 2009-2010として選出されておりますが、その中で腎臓病部門は僅か109名にすぎません。この調査は専門分野ごとに9〜12ヶ月にわたっておこなわれ、名医のデータベースは随時更新されます。したがってデータベース内には常に医療の最前線で活躍している、経験豊富な医師のみが登録されています。

Best Doctors
ベストドクターズ社公式サイト:http://www.bestdoctors.jp/index.html
米国ベストドクターズ社公式サイト:http://www.bestdoctors.com/bd/index.php
※ ベストドクターズ、Best Doctorsおよびstar-in-crossロゴは、米国およびその他の国におけるBest Doctors, Inc.の商標で、ライセンス許可のもと使用されています。

最近の主な著書、新聞取材、論文、等(2004-2009)

< 著書 ・ 分担執筆 >

1. 内科診療実践マニュアル:

日本臨床内科医会 (著, 編集), 日本医学出版社, 2009
*大谷晴久:第1章「症候編」 30.血尿・蛋白尿
*大谷晴久:第2章「疾患編」 F.腎疾患 4. CKD

2. 開業医のための高血圧診療 疑問・難問解決策65

有馬秀二 監修・甲斐達也/谷山佳弘 編集, 診断と治療社, 2008
大谷晴久:慢性腎臓病と心腎連関についての開業医レベルでの必要な対策とは?

 

3. 高脂血症診療エキスパートへの手引き

中谷矩章 監修・編集, 臨床医薬研究会, 2007
大谷晴久, 湯川 進: 腎疾患と脂質

4. ビタミンEの臨床(最新の知見と臨床応用への展望)

平井俊策 編, 医薬ジャーナル社, 2005
大谷晴久, 刀禰佳典, 宗 正敏, 湯川 進:ビタミンEと腎疾患

<新聞取材>

1.医学新聞:Medical tribune 2009年1月1, 8日号に学会発表が紹介

<論文>

◇ 総説

  1. 内藤毅郎, 山田宏治, 大谷晴久, 宮崎正信:座談会「CKD診療ガイド2009」臨床内科医会会誌24:187-198, 2009 
  2. 大谷晴久:CKD患者の食事・生活指導. 臨床内科医会会誌24:208-211, 2009
  3. 大谷晴久:慢性腎炎の最新治療(IgA腎症は根治可能となった).和歌山県医師会医会雑誌37:25-27, 2008
  4. 大谷晴久:日進月歩 Medical Topics 「慢性腎臓病(CKD)の食事療法」. 臨床内科医会会誌23:353, 2008 
  5. 大谷晴久:IgA腎症の扁摘+ステロイドパルス療法.日本臨床内科医会雑誌21:478, 2007
  6. 大谷晴久:慢性腎臓病(CKD)-腎疾患診療における新しい概念-.日本臨床内科医会雑誌20:449, 2006
  7. 大谷晴久, 湯川 進:腎疾患と脂質(高脂血症治療の手引きVol.9).臨床医薬21:1171-1179, 2005
  8. 大谷晴久, 宗 正敏:ネフローゼ症候群のすべて.I基礎(病態)19.高脂血症. 腎と透析59(臨時増刊号):97-99, 2005
  9. 大谷晴久, 宗 正敏. 動脈硬化性腎疾患—主に動脈硬化性腎動脈硬化症について-. 腎と透析57(1): 50-51, 2004
  10. 大谷晴久, 秋澤忠男. ネフローゼ症候群の治療戦略-体外循環による治療. 内科94 (1).63-65, 2004

◇ 原著

  1.  Liang XM, Otani H, Zhou Q, Tone Y, Fujii R, Mune M, Yukawa S, Akizawa T: Various Dietary Protein Intakes and Progression of Renal Failure in Spontaneously Hypercholesterolemic Imai Rats. Nephron Exp Nephrol 105:e98-107, 2007
  2.  Liang XM, Otani H, Zhou Q, Tone Y, Fujii R, Mune M, Yukawa S, Akizawa T: Renal protective effects of pitavastatin on spontaneously hypercholesterolaemic Imai Rats. Nephrol Dial Transplant 22:2156-64, 2007
  3. 平野浩子, 刀禰佳典, 大谷晴久, 大矢昌樹, 木村圭吾, 雑賀保至, 藤井良一, 宗 正敏, 一ノ瀬正和, 湯川 進. 血液透析患者の血中総アスコルビン酸濃度およびアスコルビン酸代謝産物の検討. 日腎誌 46: 426-433, 2004

CKD(慢性腎臓病)とは

血液透析を受けられる方のために

膠原病(こうげんびょう)とは

児玉病院のご案内

紀泉KDクリニックのご案内

紀の川クリニック